老後の資金がショートする恐れがあり、自分で作る年金制度の人気が高いです。

自分で作る年金

老後2,000万円問題が話題になったのは、国民年金・厚生年金の支給額だけでは老後の生活費がショートする恐れがあることが関係しています。
こうした背景もあり、昨今は任意加入をして自分で作る年金へ加入する人が増えています。

 

税制面の優遇もあるので、老後への不安が大きい方や国民年金加入者、勤務先が確定拠出年金に加入していない会社員の方は詳細をチェックしてみてください。

 

iDeCo

カラフルな文字で書かれたIDECO

iDeCo(イデコ)は個人型確定拠出年金のことで、掛金は加入者が全額負担する積立保険に近いものです。
iDeCoは国民年金に加入している個人事業主や非正規労働者をはじめ、会社員でも月額掛金の上限が減額される条件で加入可能です。

 

iDeCoの最大掛金(月額)
第1号被保険者 自営業者 6.8万円※

第2号被保険者
(会社員・公務員)

企業年金がない場合 2.3万円
確定拠出年金加入者 2万円
企業型確定拠出年金と確定給付企業年金に加入している会社員/確定給付企業年金のみに加入/全ての公務員 1.2万円
第3号被保険者 専業主婦等 2.3万円

※国民年金基金などの付加保険料と合算

掛金は最低5,000円からで年単位の変更ができます。
上限額の範囲内であれば掛金全額が住民税・所得税の非課税控除になり、資産運用で得た利益も非課税になります。

 

税制面の優遇が大きいので、自分で作る年金を探している方は一番初めにiDeCoを検討してください。
証券会社がiDeCoを扱う事例が増えていて、iDeCoの中で運用先を自由に選ぶことが可能です。

 

 

国民年金基金

自営業、フリーランスなど国民年金の第1号被保険者に限定した制度で、任意額で掛金を払うことで一生涯受け取れる終身年金が上乗せされます。

 

掛金に応じて将来受け取れる金額の目安が開示されているので老後の生活や収入をイメージしやすく、通常の年金と同じで長生きするほど有利になる仕組みです。

 

平均寿命が長くなっていますので、通常支給額が少ない国民年金のみにしか加入していない方は、国民年金基金の活用を検討してみてください。

 

年金保険

生命保険の保険証書

年金保険は主に生命保険会社が提供する保険で、死亡など一定の保障が付いた内容が主流です。

 

月々の積立か一時払いで保険料を支払い、満期まで運用することで月々の年金払いで保険金を受け取ることができます。
一般的な満期金・解約返戻金がある生命保険と同じで、決められた期間まで加入しないと解約返戻率が大幅に減額されてしまう仕組みです。

 

中途解約が不利なのは他の任意加入年金にも共通していますが、生命保険の年金は満期以降の解約返戻率が保証されて死亡など一定の保障が付くメリットがあります。
また、契約者貸付制度があるため、ちょっとした資金ショートをカバーすることができ、昨今は通常の終身生命保険でも年金受取を選択できる商品が増えています。

ページの先頭へ戻る