資産運用を何もしないことで、金銭面のトラブルが起こるリスクがあります。

何もしないことのリスク

空っぽの財布を見せる男性

資産運用や貯蓄など資産形成を何もしないと、将来的な資金難に陥るリスクがあります。
少子高齢化やインフレなど、未来は現在よりもお金のかかる世の中になっている可能性が高いです。

 

また、人生は予定通りに進んでいくとは限りません。

 

仕事をできる期間や良い仕事を見つけられる年齢は限定されていますので、幅広いリスクに備えて早いうちから資産運用を始めましょう。

 

銀行への貯金は非効率

銀行の普通貯金は金利0.01%が相場で、銀行にお金を預けても利息をほとんど得られません。
当サイトのトップページで詳細を紹介していますが、銀行口座にお金を寝かせる貯金と年利2%で運用した場合を比較すると、将来的に数百万円単位で資産が変わってきます。

 

昨今は低リスクの投資商品が増え、税制面の優遇が拡大しているので、堅実派の方が資産運用を始めるケースが増えています。

 

人生には思わぬ落とし穴も

老後の生活資金を考えた場合、60歳で定年退職するまでに退職金と合わせて2,000万円の貯金を作れば、資産運用をしなくても不自由のない生活ができます。
資産運用の必要性は貯蓄や収入によって変わってきますが、人生には思わぬ落とし穴があるので注意しましょう。

 

大企業勤務でも思わぬ事態で倒産やリストラに遭うリスクがあり、公務員でも些細なことで懲戒免職なる事例があります。

 

40歳・50歳で仕事を変えることになれば、そこから老後2,000万円問題をクリアすることが困難になります。
若いうちから積立投資などをしておけば、仕事などで思わぬ自体が発生しても資産運用でリカバリー可能です。

 

経験値の不足

資産運用は相続税の節税対策になるケースが多く、ある程度まとまった資産を手に入れてから始める方が多いです。
しかし、それまで投資の経験がない方は、投資家の利益を優先しない悪質業者に騙される被害事例が多く見られるので注意してください。

 

若くて資産の少ないうちから積立投資などでコツコツと経験を積んでいくと、相応の資産を持った時に適切な判断をしやすくなります。
資産形成に成功した場合でも、何もしてこなかったリスクがあることを理解しておきましょう。

 

 

家族崩壊

背を向けあう男女

何もせずに人生に必要なお金を工面できないと、本人よりも家族に影響を与えるケースが多いです。
親の経済的な事情で子供の進路を狭めてしまうと、親子の信頼関係がなくなって子供が進むべき道を誤ってしまう可能性が高まります。

 

また、相応の年齢になって適切な貯蓄や資産を持っていないと、配偶者に愛想を尽かされることが多いです。
本人はお金がなくても死ぬことはないと軽く考え、将来的に貧困な生活を受け入れる覚悟があっても家族からは反感を買います。

 

生きるために必要なお金を工面できないと、離婚や子供からの絶縁など家族崩壊に繋がるリスクが高まるので注意してください。
ほかにも金銭トラブルを理由に自分の親や兄弟、親戚からも縁を切られるトラブル事例が多数あります。

 

大切な家族・仲間と良好な関係を維持するためにも、資産運用をして経済的に余裕を持てる環境を作っていきましょう。

ページの先頭へ戻る